銀行カードローンの審査内容

銀行カードローンでの審査通過ポイントを知っておけば安心して申込することができますよね。
重視されているのは以下の項目です。

  1. 一定の収入がある事→最低200万円以上あると審査に有利になります。
  2. 年齢条件を満たしている事→金融機関にもよりますが、基本は20歳以上66歳未満。
  3. 他社からの借り入れが複数ない事→お金に困っていると思われ、審査通過しづらくなります。
  4. 書類の記入間違いや不備がない事→これにより落ちてしまった場合次の審査も通りにくくなってしまいます。
  5. 限度額は控えめにする事→借入する金額よりもまず信頼関係を優先させます。
  6. 過去に公共料金などの滞納がない事→過去6か月間の履歴を見られます。
  7. 申し込みは1社のみにする事→個人信用情報機関に申し込み記録がいくつもついてしまいます。担当者からの印象が大きく変わります。
  8. 勤続年数が1年以上ある事→仕事が定着していないと安定した収入があると判断されません。
  9. 偽りの情報の記入はしない事→当然の事ですが、絶対にバレます。そして信用を失います。

専業主婦の審査通過の特に重要ポイント

  1. 旦那がすでに借入をしていない事→借入をしている場合は旦那の借入金額分減りますので、借入上限額が少なくなります。
  2. 旦那が債務経験者ではない事
  3. 信用情報と申告情報が相違していない事
  4. 過去10年間自己破産の経験がない事
  5. 過去5年間のクレジットカードやローンや公共料金を1か月以上滞納していない事
  6. 旦那の属性の点数(評価)がなるべく高い事

などを総合的に判断して審査を行います。どれか1つだけ秀でていても評価は高くなりません。
専用主婦の借入なので旦那側もかかわるポイントを重視しています。
銀行により社内基準も設けており、審査の際見ているポイントは各社違います。事前に確認が必要です。

申し込み前にできる対策は?

審査の際にみられるポイントの中で専業主婦が事前にできる事を押さえておきます。
専業主婦の大半が家計の管理を任されていると思います。
クレジットカードやローンや公共料金の滞納には気を付けます。
一度でも滞納があると銀行からの信用を失います。
属性の電話は携帯電話よりも自宅の固定電話+携帯電話を記入し評価を高くします。
記入や入力の際にはウソ偽りなく申請してください。

審査通過前の在籍確認で確認される場合があります。
何よりお金にかかわる事ですので信用第一です。
どれだけ銀行に信用してもらえるかが審査通過の鍵となります。